イベント、その他お知らせ

【オンラインセミナーのご案内】MaxCyte社遺伝子導入装置のアプリケーション例の紹介【終了】

キコーテック株式会社が日本総代理店を務める米国MaxCyte社の遺伝子導入装置ExPERT™システムに関するオンラインセミナーを開催いたします。本セミナーではMaxCyte社のPeter Gee博士を招き、アプリケーション例を紹介してもらいます。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

  • 開催日時:2020年5月26日(火)13時30分~14時30分
  • 開催方法:オンライン会議システムWebEx
  • お申し込み:終了しました
  • 参加費:無料
  • キーワード:遺伝子導入、CRISPR、ゲノム編集、ウイルス生産、NanoMEDIC、iPS細胞、治療
【演題1】
MaxCyte社遺伝子導入装置ExPERT™システムの概要説明
【演者1】
大石 真久 博士(キコーテック株式会社 事業開発部 フィールドアプリケーションサイエンティスト)
【要旨1】
エレクトロポレーションを利用したMaxCyte社の遺伝子導入装置ExPERTシステムは、細胞への高い導入効率、高い生存率、小容量から大容量へと実験規模をスムーズに移行できるスケーラビリティの特長を兼ね備えています。本口演では装置の基本的な説明をいたします。
【演題2】
Scalable manufacturing of extracellular nanovesicles for packaging CRISPR-Cas9 protein and sgRNA by a cGMP-compliant cell engineering platform
【演者2】
Peter Gee 博士(Field Application Scientist, Asia Pacific, MaxCyte)
【要旨2】
CRISPR-Cas9 has tremendous potential as a therapeutic tool for treating human diseases. However, prolonged expression of the nuclease and gRNA from viral vectors in an in vivo context may cause off-target activity and immunogenicity. We recently reported the development of a ribonucleoprotein delivery system to recruit Cas9 protein by chemical induced dimerization and sgRNA via a viral RNA packaging signal into extracellular nanovesicles. We term this system NanoMEDIC (nanomembrane-derived extracellular vesicles for the delivery of macromolecular cargo) and demonstrate efficient genome editing in various hard-to-transfect cell types, including human induced pluripotent stem (iPS) cells and myoblasts, and also in vivo in a luciferase reporter mouse model. In order to demonstrate the feasibility of industrial scale manufacturing of NanoMEDIC, we developed a xeno-free suspension culture system to produce NanoMEDIC by flow electroporation. We show that electroporation parameters using a cGMP-compliant cell engineering platform could be optimized for increasing NanoMEDIC production in HEK293 cells and the process is scalable for flow electroporation of over one billion cells. These findings indicate that NanoMEDIC manufacturing may be amenable for large scale production.

関連記事

ページ上部へ戻る