イベント、その他お知らせ

【ウェビナーのご案内】MaxCyte社遺伝子導入装置のiPS細胞を用いたゲノム編集における利用例【終了】

キコーテック株式会社が日本総代理店を務める米国MaxCyte社の遺伝子導入装置ExPERT™システムに関するウェビナー(オンラインセミナー)を開催いたします。本ウェビナーでは京都大学iPS細胞研究所のKnut Woltjen准教授をお招きし、iPS細胞を用いたゲノム編集に関するご研究について発表をして頂きます。先生のご実験の一部にMaxCyte社の遺伝子導入装置をご利用頂きました。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

  • 開催日時:2021年3月4日(木)14時00分~15時00分
  • 開催方法:オンライン会議システムCisco WebEx
  • お申し込み:こちらより(終了しました)
  • 参加費:無料
  • キーワード:遺伝子導入、CRISPR、ゲノム編集、iPS細胞
【演題1】
MaxCyte社遺伝子導入装置ExPERT™システムの概要説明
【演者1】
大石 真久 博士(キコーテック株式会社 事業開発部 フィールドアプリケーションサイエンティスト)
【要旨1】
エレクトロポレーションを利用したMaxCyte社の遺伝子導入装置ExPERTシステムは、細胞への高い導入効率、高い生存率、小容量から大容量へと実験規模をスムーズに移行できるスケーラビリティの特長を兼ね備えています。本口演では装置の基本的な説明をいたします。
【演題2】
Synergistic improvement of precision gene editing in human iPS cells
【演者2】
Knut Woltjen 准教授(Department of Life Science Frontiers, CiRA, Kyoto University、京都大学iPS細胞研究所、未来生命科学開拓部門)
【要旨2】
The combination of induced pluripotent stem (iPS) cells and nuclease-mediated genome editing enables promising studies of human disease. However, these studies require precise methods to accurately create or correct genetic variants. Ultimately, gene editing outcomes following a double-strand break are regulated by cellular repair pathways. Precise editing by homology directed repair (HDR) is limited mostly to S-phase of the cell cycle, while mutagenic non-homologous end joining (NHEJ) is always active. We therefore aimed to bias gene editing outcomes by chemical inhibition of the cell cycle, DNA repair pathways, or a combination of both. Using CRISPR-Cas9 and single-stranded oligonucleotide (ssODN) templates in a fluorescent DNA repair assay, we revealed that pharmacological inhibition of the cell cycle and NHEJ has a synergistic effect on precision editing. Notably, improved transfection and editing conditions further elevated homozygous editing rates, and mixed ssODN templates were needed to derive heterozygous iPS cells. Synergy is further demonstrated by editing pathogenic mutations in diverse genes implicated in diseases of metabolism and development.
【関連論文2】
Maurissen, T.L. and Woltjen, K. (2020) Synergistic Gene Editing in Human iPS Cells via Cell Cycle and DNA Repair Modulation. Nature communications, 11, 2876.

関連記事

ページ上部へ戻る