,

Vectra Polaris – 組織切片定量解析イメージングシステム (Akoya Biosciences)

Vectra Polarisは、Vectraで培った組織定量解析・組織サイトメトリー・スペクトルイメージング技術にバーチャルスライド機能を拡張した次世代型の組織スライド解析システムです。
Vectra Polaris

カタログおよび資料・情報

Vectra Polarisの特長

  • 蛍光イメージング機能を標準装備
  • 明視野・蛍光でのスペクトルイメージング
  • 自家蛍光除去
  • 蛍光9チャンネルのスペクトル解析
  • 最大倍率40倍の高精細バーチャルスライドイメージング
  • 独自のグローバルフォーカスマップ技術
  • パルスLED励起により、蛍光褪色を低減
  • 高精度リニアモーターによる高速・高精度スキャン
Vectra Polaris Slide Carrier and Slide Hotel
4枚装填カセットを20枚収容可能。カセットハンドリングによりスライド破損リスクを大幅に低減します。

アプリケーション例

  • 組織サイトメトリー解析
  • 多重免疫組織化学
  • 特殊染色標本の染色色素分離・定量
  • 染色組織標本・免疫組織化学の自動解析・数値化
  • 染色領域の面積算出
  • 組織微小形態に基づくサイトメトリーの実現

Vectra Polarisで得られた画像例

Vectra Polarisのスライドイメージ
上段:バーチャルスライドイメージ。単一のFFPEブロックのセクションを一方はOpal蛍光多重染色し、他方をHE染色。
上段左:Opal 7-color(抗体6種 + DAPI)染色スライドの蛍光5チャンネルバーチャルスライドイメージ。蛍光スキャンでも露光ムラが少ない均一なイメージのため、視野の繋ぎ合わせが極めてスムーズに。
上段右:HE染色切片の明視野バーチャルスライドイメージ。Polarisでは10倍・20倍・40倍での撮影が可能。

下段:上段バーチャルスライドの中心四角の領域の高倍率蛍光スペクトル分解イメージ(左)と、高倍率明視野イメージ(右)。
下段左:スペクトルイメージングでは従来の蛍光顕微鏡の性能を大きく上回る蛍光8 チャンネル(色素7種 + 自家蛍光)の色分解が可能。組織サイトメトリーに必要な高度なマルチプレックス免疫組織染色像を取得します。

Image by Vectra Polaris

カタログおよび資料・情報

お問い合わせ

カタログ
Phonoptics製品のカタログ(英文)

Akoya Logoのホームページ
Akoya LogoのVectra Polaris製品情報ページ

ページ上部へ戻る