,

半自動抗体・タンパク質精製システムAmMag SA plus(GenScript)

AmMag™SA plusは、磁気ビーズを使用して抗体またはタンパク質の精製フローを簡略化した半自動精製システムです。このシステムは2-50 mLの量のサンプルを最大12個同時に精製できます。サンプルの入った50 mLチューブを装置にセットし、タッチパネルでの簡便な操作により精製プロセスを実行できます。スタンダードなプロトコール使用時では12サンプルの精製を50分以内で完了することが出来ます。GenScript社の抗体または組み換えタンパク質結合磁気ビーズと組み合わせることで、最大限システムを活用出来ます。

AmMag sa plus main

カタログおよび資料・情報

AmMag SA plusの特長

前処理時間を大幅に短縮できます

AmMag™SA plusは精製に磁気ビーズを利用しています。 磁気ビーズは流動性が高いため、培地中の細胞やデブリが存在していても、標的の分泌タンパク質や抗体に結合できます。 このことから、磁気ビーズを培地中に加えることが出来るため、遠心分離やろ過による細胞を取り除く作業の必要が無くなります。
AmMag sa plus main

自動洗浄・溶出プロセス

磁気ビーズを含む培養液を50 mLチューブに移し、AmMag™SA plusにサンプルをセットします。設定したパラメーターにより、自動洗浄と溶出ステップを実行し、標的のタンパク質や抗体を精製します。
AmMag sa plus main

エンドトキシン汚染を最小限に抑えるための閉鎖環境

AmMag™SA plusには、装置内の空気を清浄に保つためのエアフィルターとUV滅菌灯が装備されており、システム内に浄化した空気を送る機能が備わっています。 これらの機能は、空気中のエンドトキシンによる、サンプルの汚染を防ぎます。システムの流路を洗浄するには、すべてのチューブを0.1 M NaOHで充填し、最大1時間静置します。
AmMag sa plus main

より大きなサンプル量(数リットル)を処理する場合

AmMag™SA plusには、50mLチューブにサンプルを入れるためのラックが含まれています。 AmMag™SA plusを使用する際には、標的タンパク質を結合させた磁気ビーズを収集し、ビーズを50mLのチューブに移すだけで、より大きなサンプルを簡単に精製できます。 より大きなサンプル量から磁気ビーズを収集するために、AmMag™Magnetic WandとAmMag™Magnetic blockをアクセサリーとして提供しています。

AmMag SA plusの仕様

スループット性 12サンプル/ラン
使用ビーズ量 0.1-2.0 mL
サンプル量 2-50 mL
適合チューブサイズ 50 mL
最小溶出量 0.4 mL
動作温度範囲 気温: 15〜35 °C
動作湿度範囲 湿度: 15〜85%(結露なし)
動作大気圧範囲 70-106 KPa
装置サイズ(幅/奥行/高さ) 545 x 515 x 545 mm
装置重量 65 kg
電源 110-240 V、50/60 Hz

カタログおよび資料・情報

お問い合わせ

カタログ
AmMag™SA plusのカタログ

GenScript Logoのホームページ
GenScript LogoのAmMag™SA plus製品情報ページ

ページ上部へ戻る