インピーダンス測定システム Maestro Z/ZHT/TrayZ(Axion Biosystems)

Axion BioSystems 社の Maestro Z シリーズは、専用プレートの各ウェル底面に埋め込まれた平面電極上に播種された細胞のインピーダンス(Ω)変化を測定することにより、細胞の増殖・形態変化・傷害等の評価が可能な装置です。専用の CytoView-Z プレート(96、384 well)を用いて、最大384サンプルのインピーダンス変化をリアルタイムに測定し、専用のソフトウェアで解析することができます。

特長

  • セミオートメーション
    ハードウエアの操作はボタン1つで行います。ボタンを押すと装置上部のスライドドアが開き、プレートを格納と同時にデータ測定と温度、CO₂の制御を開始します。
  • アプリ対応
    専用アプリの使用で実験室の外からでもライブ実験データ、装置の状況が確認できます。
  • ラベルフリーでの経時的測定
    プレート底面に埋め込まれた平面電極を用いてインピーダンスを測定します。細胞にダメージを与えることなく、長期間に渡りリアルタイムで細胞の増殖・形態変化等を測定できます。
  • ユーザーフレンドリーなソフトウエア
    専用のソフトで容易に実験設定が行えます。リアルタイムでシグナルのモニタリングも可能です。
  • インキュベータ不要(Maestro Z/ZHT)
    プレート格納部には温度・CO₂コントロール装置が搭載され、ミニインキュベータになっています。プレート上で細胞を培養しながら数日間から数週間、安定した状態での測定が可能です。

アプリケーション例

■ 免疫細胞キリングアッセイ
■ 細胞障害アッセイ
■ 細胞バリア機能評価
■ ウイルス感染価評価
■ 細胞増殖アッセイ
■ Gタンパク質共役受容体(GPCR)シグナル伝達

ラインナップ

Maestro Z

・96 wellプレート対応                ・温度、CO₂濃度コントローラ搭載                ・プレートバーコードリーダー搭載          ・プレート出入によるオン、オフ制御(データ測定及び温度、CO₂濃度コントロール)             ・装置内データ保存                  ・アプリ対応

Maestro ZHT

・96 well、384 wellプレート対応                 ・液晶タッチパネル搭載(環境温度、CO₂濃度を表示)                ・温度、CO₂濃度コントローラ搭載                ・プレートバーコードリーダー搭載                 ・プレート出入によるオン、オフ制御(データ測定及び温度、CO₂濃度コントロール)              ・装置内データ保存                                      ・アプリ対応

Maestro TrayZ

・96 wellプレート対応                       ・1台の Maestro TrayZ に最大4枚のプレートが搭載可能              ・最大 2 台の Maestro TrayZ を同時測定可能                    ・インキュベータ内に設置して使用                 ・プレートバーコードリーダー搭載

<Maestro TrayZ の設置イメージ>

Maestro TrayZ はインキュベータ内に設置して使用します。細胞にとって最適な環境を保ちながら、長期間に渡る経時測定が可能です。

YouTube - Maestro Z のご紹介

製品に関するお問い合わせ