イベント、その他お知らせ

【WEBセミナーのご案内】シングルセル・セクレトーム解析によりあきらかになる多機能性細胞の重要性

キコーテック株式会社が日本総代理店を務めるシングルセル・セクレトーム解析装置(IsoLight)についてのWEBセミナーを開催します。

 

タイトル:シングルセル・セクレトーム解析によりあきらかになる多機能性細胞の重要性IsoLight Instrument
~がん免疫とCAR-T細胞研究の加速~

開催日時:2022年2月10日(木)16:00 – 17:00

開催方法:オンライン会議システムWebEx

お申込み: こちらから登録

参加費 : 無料

 

【演題1】 シングルセルセクレトーム解析装置
【演者1】 大石 真久(キコーテック株式会社 事業開発部 フィールドアプリケーションマネージャー)
【要旨1】 近年のがん免疫研究やCAR-T細胞研究の流星と共に、免疫細胞の新規機能評価方法が求められています。加えて、これらの細胞が関連する治療法の効果予測や予後予測に用いられる質の良いバイオマーカーの出現も期待されています。IsoPlexis社のセクレトーム解析装置IsoLightはシングルセルレベルで複数種類の分泌性タンパク質を放出した免疫細胞(多機能性細胞)を捉え、検体中に含まれるその存在率を明らかにします。この値をもとに算出される独自の指標(PSI)は、臨床上の結果や効果と強い相関があることが報告されています。本講演ではセクレトーム解析装置IsoLightの概要説明、多機能性細胞及びPSIの検出・算出について説明をします。
【⾔語】    日本語

 

【演題2】 Single-Cell Functional Proteomics Harnessing the Most Powerful Cells to Accelerate Curative Medicines
【演者2】 Lay Koon Goh (IsoPlexis Corporation)
【要旨2】 IsoPlexis has emerged as the gold standard for single-cell functional proteomics through its unique applications of functional immune landscaping, intracellular signaling omics, and high-plex automated immunoassays. IsoPlexis’ platform prioritizes function over form to fill the gap missing with traditional technologies. Historically, researchers have characterized the immune system using protein expression markers, but these expression profiles do not always translate to cellular function. When developing immunotherapies, a high priority for scientists is to identify polyfunctional cells (single cells that secrete multiple cytokines) but these cells cannot be characterized when measuring protein expression markers. IsoPlexis’ platform overcomes this challenge while addressing many of the pain points associated with scaling these types of assays, streamlining the proteomics workflow into one automated hub instrument to advance precision, curative medicines.

Topics to cover: Case studies in cancer immunology, cellular & regenerative medicine and oncology.
【⾔語】 英語

皆様のご参加をお待ちしております。

関連記事

ページ上部へ戻る