ティッシュ―エンジニアリングキット(Cellink)

Skin Tissue Model Kit

CELLINKの皮膚組織モデルキットは、組織をバイオプリンティングするためのバイオインクから標的分析のための抗体まで、皮膚組織モデルを生成するために必要なすべてを提供します。

キットに付属しているバイオインクは、皮膚の真皮層と表皮層を模倣するように設計されています。 各バイオインクは細胞を包み込むことで、バイオプリンティング中にモデルを保護し、プリント後の組織の成熟と増殖を可能にするという2つの利点を提供します。 プリント後、付属の抗体を使用して、各皮膚モデルを簡単かつ正確に分析できます。

Liver Tissue Model Kit

CELLINKの肝臓組織モデルキットは、肝臓組織モデルを生成および分析するための完全なソリューションです。

このキットには、肝細胞、星状細胞、クッパー細胞、内皮細胞などの複数の細胞タイプに対応するバイオインクが付属しており、各モデルをニーズに合わせて調整することができます。 キット付属の抗体によって、作製したモデルを肝臓機能の主要なマーカーで直接分析することができます。

バイオプリントされた肝臓組織モデルは、ニッチな環境内で細胞を空間的に組織化し、肝臓細胞の自然な代謝を可能にするために必要な生理学的模倣を提供します。 バイオインクは細胞を包み込むことで、in vivoの環境を模倣し、本物の用量と取り込みの応答を可能にし、関連する薬物スクリーニングを容易にします。

2020年10月より、脱細胞化した肝臓由来の細胞外マトリックスを配合した肝臓組織モデル作製用の新しいバイオインクHEP Xがリリースされました。
HEP Xの詳しい情報についてはこちらから

Vaskit

高い細胞密度に対応できる厚い組織を作製するには、組織全体のすべての細胞に十分な栄養とガスの交換を効率的に行うことが重要です。これを達成するために、血管形成した組織を作製する必要があります。

CELLINK VasKitは、比較的単純な形状の太目の一次血管をプリントすることで、培養中に微小血管系を発達させることができます。 VasKitは洗練された方法とデザインを使用しており、GelMA CやCELLINKPLURONICSなどのバイオインクを使用してチャネル構造を持つ組織モデルを作製できます。 付属のルアーアダプターを使用して、組織モデルを灌流チューブと簡単にネットワーク化し、長期培養と新たな血管系組織の発達をサポートします。

Spheroid Kit

CELLINK Spheroid Kitは、生理学的に関連するマトリックスへの埋め込みの利点と組み合わせて、迅速で簡単なスフェロイド形成のために特別に設計されています。KugelmeiersのSphericaplate5D®とCELLINKのColl1やGellMAを組み合わせることで作業効率を高めます。
Spheroid Kit – Coll 1
Coll 1キットは、再構成してプリントする準備ができたタイプ1コラーゲンと3枚の球面プレートを提供します。 コラーゲンは体内で線維性ネットワークを形成し、細胞接着、成長、生物学的シグナル伝達、組織形態形成を促進しながら、ECMの構造的完全性を高めます。 CELLINKは、革新的な方法でコラーゲン固有の生理学的特性を活用することで、研究をさらに推進します。
Spheroid Kit – GelMA
GelMAキットには、滅菌処理したCELLINK GelMA粉末と光重合開始剤が含まれているため、独自のバイオインクをブレンドできます。 GelMAを任意の濃度に溶解し、好みの光開始剤を追加し、架橋時間を調整することでバイオインクの剛性を微調整出来ます。 温かいGelMAは液体であるため、スフェロイドを簡単に組み込むことができます。
ページ上部へ戻る