, ,

プロテオミクス解析サンプル自動調製装置_PreON(PreOmics)

PreONプラットフォームは、優れた再現性・堅牢性・感度を兼ね備えたLC / MSサンプル前処理装置です。
装置のボタンを押すだけでプロテオミクスサンプルの調製が終了します。
作業にかかる時間から解放され、結果の標準化・生産性を向上することができます。
PreON

カタログおよび資料・情報

PreONの特長

  • ラベルフリーおよびラベル標識のワークフローを自動化
  • マニュアル操作ステップを排除(マニュアル操作時間5分)
  • 標準化された再現性の高い結果
  • iSTおよびiST-NHSキットとシームレスに連携

マニュアルによる調製 vs PreONによる調製

PreONはサンプル調製時の技術的なばらつきを軽減すると同時に、人的ミスとマニュアル工程も削減します。PreONを使用するとサンプル調製にかかる時間を減らしながらもより良い結果が得られ、研究開発が加速します。

PreONの技術仕様

PreONの使いやすさは別格です。プラグアンドプレイ方式のメソッド選択により、iST及びiST-NHS技術を利用したタンパク質サンプルの自動処理が簡素化及び効率化されます。特に系の変更の必要なく、迅速な起動と一貫した結果が保証されます。PreONのワークフローに含まれる全てのステップは記録されており、管理された実験室環境下での利用に最適です。

  • 4〜12個のサンプルを3時間未満で処理
  • オンボード加熱シェーカー: 10-2,000 rpm; 最大70°Cまで加熱可
  • 自動スイング型遠心分離機: 最大12,000xg
  • 自動ピペッター: 10-200 µL
  • 自動化されたカートリッジグリッパー
  • 光学センサーと超音波センサーがワークフローの品質を制御
  • プラグ&プレイ方式、プリインストールされたメニュー方式のワークフロー
  • ベンチトップデバイス: 高さ81 cm(32インチ)、幅65 cm(25.6インチ)、奥行62 cm(24.4インチ)、重量71.5 kg(157.6ポンド)

カタログおよび資料・情報

お問い合わせ

カタログ
  PreONカタログ(日本語)

PreOmics Logoのホームページ

ページ上部へ戻る