Cellink SUPPORTシリーズ(Cellink)

SUPPORTシリーズには、構造物とデモンストレーションをサポートするように設計されたバイオインクが含まれています。これらのバイオインクは、増粘剤、犠牲材料、着色したインクなどが含まれており、カスタマイズされた構造物の作製や教育プロジェクトの遂行をこれまで以上に簡単に行うことができます。

Cellink社のバイオインクは、あらゆるプロジェクトで必要なサポートを提供するように設計されています。 次のデモンストレーションに鮮やかな色のバイオインクが必要な場合でも、構造物の組成を微調整するための増粘剤が必要な場合でも、Cellink社はお客様にソリューションを提供します。

CELLINK PCL

CELLINK PCLは、カプロラクトンモノマー由来の高分子量(Mn 50,000)熱可塑性の直鎖状ポリエステルです。 この生分解性ポリエステルの融点は60℃です。PCLは、in vitroおよびin vivoの研究用に開発された骨移植片および骨軟骨プラグなどの耐荷重性の組織構造を強化する際に使用されます。また、構造物を張り出すための一時的な足場として使用されます。

CELLINK PLURONICS

CELLINK PLURONICSは、形状適合度の低い細胞を含む構成物やバイオインクの犠牲材料として広く使用されているコポリマーです。CELLINK PLURONICSは室温でプリントされ、冷却すると簡単に溶解する、使いやすい犠牲材料です。

CELLINK START

CELLINK STARTは、形状適合度の低い細胞を含む構成物やバイオインク、または多孔性のある構成物の犠牲材料として使用される水溶性ゲルです。CELLINK STARTは室温でプリントされ、細胞を含むバイオインクをゲル化した後に、培地で洗浄することで簡単に溶解します。とても使いやすい犠牲材料になります。

CELLINK START X

CELLINK START Xは、CELLINK STARTの第2世代にあたるバイオインクです。新しく改善された製法により、405 nmの光を使用した架橋が可能になりました。START Xは、さまざまな形状や直径のノズルでもプリンタビリティを維持します。このバイオインクを使って構造のジオメトリを評価したり、教育やトレーニングのデモンストレーションを行ったりすることができます。START Xは、構造のサポート材や灌流可能なorgan-on-a-chipをバイオプリンティングする際の柔らかい表面として、また、カスタマイズされた機械的特性を備えた永久モデルとしても使用できます。

CELLINK XPLORE

CELLINK XPLOREは、デモ用に設計された非滅菌バイオインクです。形状の完全性を維持しながら、手術モデルおよびより大きな臓器構造をプリントするために使用します。CELLINK Bioinkと同様に、XPLOREには優れたプリンタビリティと粘度があります。XPLOREには複数の色が用意されており、一度に複数のプリントヘッドを使用する際にプリントプロセスを視覚化するのに役立ちます。
ページ上部へ戻る