,

Lumen X – 光造形バイオ3Dプリンター (Cellink)

Lumen Xは、高解像度や高い忠実度を備えることで、マイクロ流体、細胞を含むハイドロゲル、多孔性に富んだ構造などのアプリケーションを提供します。 Lumen Xは、細胞毒性の無い紫の可視光で血管構造をバイオプリントするように設計されており、血管の複雑な分岐や先が細くなるような構造の作製を強力にサポートします。

カタログおよび資料・情報

Lumen Xの特長

光造形による精度の高い3Dバイオプリント

最小200ミクロンまでの微細な形状をバイオプリントするために、100万以上の同時光点 (投影画像1280 x 800ピクセル) を活用します。

1層毎の積層により造形精度が大幅にアップ

タッチパネル上でスライスしたレイヤーごとに投影図のように硬化させて構造物を積層するため、自重で崩れてしまう構造や血管構造も作製することができます。
Lumen X Layer

2つの最先端の装置の組み合わせによる相乗効果

Lumen XはCELLINK社の押出式バイオ3DプリンターBIO Xと組み合わせて使用することができます。Lumen Xで製作した構造物にBIO Xで生細胞をプリントすると、生体機能チップ(organ-on-a-chip)やマルチマテリアル研究などの応用研究を強力にサポートすることができます。
BIO X

Lumen Xの仕様

投影ステレオリソグラフィー 同時に100万以上の光ポイント
投影画像 1280 x 800ピクセル
ピクセル解像度(XY) 50 µm
最大造形容量 64 x 40 x 40 mm
生体適合波長 405 nm
UV照度範囲 10 – 30 mW/cm2
加熱可能なプラットフォーム 最大37 °Cまで
対応ファイル形式 STLファイル
装置サイズ(幅/奥行/高さ) 240 x 430 x 410 mm
装置重量 9 kg
電源 100-265 VAC、50-60 Hz、100 W

カタログおよび資料・情報

お問い合わせ

カタログ
Lumen Xのカタログ(和文)

Cellink Logoのホームページ
Cellink LogoのLumen X製品情報ページ

ページ上部へ戻る