Cellink GelXシリーズ(Cellink)

CELLINKのGelXシリーズは、メタクリレート修飾したゼラチンをベースとして、架橋可能なゼラチンネットワークの生物学的特性と幅広い温度でのプリンタビリティを兼ね備えています。架橋におけるバイオインクの使いやすさと汎用性により、軟組織モデルと硬組織モデルのバイオプリンティングを促進します。このシリーズには、リン酸カルシウム、ラミニン、フィブリノーゲンが配合されたバイオインクが含まれており、細胞株、幹細胞、初代細胞を含むすべての細胞タイプに適した環境を作り出します。

GelXG

GelXGは、GelMAベースのバイオインクよりも広い温度範囲で使用できるように設計されたゼラチンベースのバイオインクです。 アルギン酸に敏感な細胞にとって、GelXGは光架橋できる優れた代替品です。 GelXGには明確なゲルポイントがありません。その貯蔵弾性係数曲線は遮断されず、弾性特性を提供し、バイオプリンティング後の流れを減少させます。

GelXA

GelXAは、イオン架橋および光架橋をすることが可能です。 二重架橋機能により、ユーザーは特定の細胞タイプの環境に合わせて構造物の剛性を調整できます。 これにより、研究者は組織固有のモデルを分析して、細胞とマトリックスの相互作用や細胞増殖、分化、遊走性などの反応を観察できます。 GelXAを37℃に温めると、バイオインクが液化され、穏やかな細胞混合が可能になります。

GelXA BONE

GelXA BONEは、リン酸三カルシウムとヒドロキシアパタイト粒子を配合することで、骨形成を誘導するような環境を作り出します。 GelXA BONEは、イオン架橋および光架橋をすることが可能です。 骨細胞の分化は環境の剛性に依存するため、ユーザーは架橋とタイミングのさまざまな組み合わせを活用して、ターゲットの骨芽細胞または軟骨前駆細胞に合わせてGelXA BONEを調整できます。

GelXA SKIN

GelXA SKINは、皮膚および皮膚関連の組織モデルを作製するためにデザインされています。GelXA SKINは、トロンビン、塩化カルシウム溶液と光硬化により架橋します。GelXA SKINは、均一に配合されたフィブリノーゲンにより、自然の創傷治癒プロセスに似た環境を提供します。フィブリノーゲンはトロンビンの存在下でフィブリンに変換され、安定したネットワークを形成し、組織修復を促進します。

GelXA FIBRIN

GelXA FIBRINにはフィブリノーゲンが配合されており、自然の創傷治癒プロセスに似た環境を提供します。フィブリノーゲンはトロンビンの存在下でフィブリンに変換され、安定したネットワークを形成し、組織修復を促進します。ユーザーは、光硬化により、バイオプリントされた構造の剛性を調整できます。

GelXA LAMININK

GelXA LAMININKには、GelXA LAMININK111、121、411、521、およびLAMININK +がシリーズとしてラインナップされています。 これらのバイオインクは異なるラミニンを統合して、基底ラミナと自然組織環境を模倣します。 ラミニンは細胞の分化、移動、接着に重要な役割を果たし、健全な組織のサポートにも関与しています。 CELLINK LAMININKは、組織の維持と生存を改善するように設計されています。 これらのバイオインクは細胞の生存率を最大化し、多くの細胞タイプの培養を始める上で良い出発点になります。

GelXA CARTILAGE

GelXA CARTILAGEは、軟骨細胞が軟骨組織を形成・維持するのを積極的に助けるように設計されています。このバイオインクはゼラチンによる増殖効果の高い細胞適合性を保持した条件でのバイオプリンティングを可能にし、様々な架橋方法を選択できます。特徴として、細胞の微小環境の剛性を調整して、軟骨などのより硬い組織モデルに似せることができます。
ページ上部へ戻る