,

Cellink GelMAシリーズ(Cellink)

ゼラチンメタクリレート(GelMA)は、並外れた汎用性のおかげで、バイオプリンティング分野の基盤となるバイオインクになりました。 世界中のラボが独自のGelMAを容易に合成できるため、よく使われていますが、結果に矛盾が生じることがあります。常に一貫した再現可能な結果を確実にするために、世界中の何百ものラボがCELLINKのGelMAを活用しています。

GelMAは、ゼラチンのアミン基がメタクリレート基に部分的に置換された光架橋可能な修飾されたゼラチンです。 光架橋することで、細胞培養中でのプリントされた構造の安定性が促進されます。さまざまな細胞タイプにおいて優れた付着と増殖を可能にする特徴的な生物学的特性を持つGelMAハイドロゲルは、バイオメディカル分野で幅広く使用されています。

GelMA

CELLINK GelMAはほとんどの哺乳類細胞と適合性があり、広範囲の組織のベース材料として使用できます。 このバイオインクは、温度制御されたプリントヘッドと冷却されたプリントベッドでプリントするように設計されています。 GelMAは、架橋前に形状を維持するために、プリント後に直接冷却する必要があります。 GelMAはプリント中の温度管理を厳密に行う必要があり、推奨されるプリント温度は26℃です。

GelMA A

GelMA Aは、GelMAとアルギン酸塩の利点を兼ね備えています。 このブレンドは、室温で優れたプリンタビリティを持ち、温度制御を備えていないバイオプリンティングシステムであっても、ノズルの詰まりのリスクを最小限に抑えます。 GelMA Aは、光重合開始剤(LAP)と405 nm波長光による光架橋か、架橋剤(カルシウム溶液)によるイオン架橋ができます。 さまざまな架橋オプションにより、ターゲット組織に最適な機械的特性を持つ構造体を開発できます。

Bio Conductink

Bio Conductinkは、筋肉の収縮と神経の修復を研究するために設計されています。 Bio Conductinkは、カーボンナノチューブ(CNT)などの導電性添加剤を使用することで、神経細胞および筋肉細胞用の導電性の細胞環境を提供します。 この環境により、細胞は電気信号を転送できるようになり、通信とネットワーク形成の能力が向上します。 Bio ConductinkはCNTを活用して、ユーザーに優れたプリンタビリティの提供と、低い細胞毒性を実証しました。

GelMA C

GelMA Cは、GelMAとナノファイバーセルロースの利点を兼ね備えています。 このブレンドは、温度制御なく室温で滑らかなプリンタビリティを持ち、筋肉、皮膚、上皮細胞、神経細胞などの特定の細胞タイプに適した線維形態を提供します。 GelMA Cは、光架橋とイオン架橋の二つの方法で架橋できます。

GelMA HA

GelMA HAは、GelMAとメタクリレート修飾したヒアルロン酸(HA)をブレンドしています。 HAは、皮膚、軟骨、骨、神経など、多くの組織の細胞外マトリックスの主成分です。 細胞の増殖と移動に不可欠であり、生物医学研究において刺激的な素材です。

GelMA FIBRIN

GelMA FIBRINは、GelMAに血管の形成に関与する内皮細胞に関連する生物学的および機械的シグナルを提供するように、内皮組織固有の機能を付加した設計になっています。
ページ上部へ戻る