Cellink Collagenシリーズ(Cellink)

I型コラーゲンは、細胞外マトリックス(ECM)および結合組織に見られる主要な構造タンパク質の1つです。コラーゲンは、体を構成するタンパク質の30%以上であり、組織工学および3Dプリンティングのアプリケーションに最適な生体材料です。コラーゲンは体内で線維性ネットワークを形成し、ECMの構造を完成させながら、細胞接着、成長、生物学的シグナル伝達、および組織形態形成を促進します。

Collagenシリーズとして3D細胞培養、再生医療用表面コーティングなどの用途向けに設計されたI型コラーゲン(Coll 1)およびコラーゲンメタクリレート(ColMA)を提供します。Coll 1およびColMAは高品質のラット尾腱から調達したコラーゲンを、精製し、滅菌済みとして調整しました。

Collagenシリーズは溶液および凍結乾燥粉末として提供します。生体材料の組成をカスタマイズすることで、プリント可能なハイドロゲルや補助的な細胞培養用コーティング材料、3D細胞培養マトリックスを作成できます。

Coll 1

Coll 1は、2Dおよび3D培養において細胞増殖をサポートします。

I型コラーゲンは、細胞の接着と増殖を促進するために使用されるよく知られたコーティング生体材料です。Coll 1生体材料の上に播種した大腿骨頭由来のヒト軟骨細胞は、優れた生存率、細胞増殖および伸張を示しました。しかし、生細胞をコラーゲンなどの柔らかい生体材料に埋め込むことは、達成するのがはるかに難しい課題です。熱でゲル化したColl 1生体材料に埋め込まれたヒトの皮膚線維芽細胞の増殖の成功を観察しました。3Dプリンティングによるストレスの関係で細胞生存率の初期低下が見られた後、細胞は7日目で大きく回復し、14日目で非常に良好な細胞生存率を示しています。

軟骨細胞は、3Dプリントしたドロップレット内部に均一に分布し、広範な相互接続ネットワークを形成します。

ColMA

ColMAは、熱架橋と光架橋の二種類の架橋方法で、安定した足場を形成します。

大腿骨頭由来のヒト軟骨細胞は、2つの異なる方法(37℃での自己重合及び光重合開始剤LAPと405 nm波長光によるメタクリレート基の光重合)で架橋されたColMAコンストラクトの上に播種しました。両方の架橋方法でも7日間の細胞培養後、軟骨細胞は優れた細胞生存率と均一な細胞分布を示しました。近紫外線の影響に起因する光架橋構造の細胞生存率についてわずかな低下が認められますが、一般的に、光架橋は、生細胞が埋め込まれたColMAコンストラクトを形成する方法として好まれています。

Collagen Premium

I型コラーゲンは、細胞外マトリックス(ECM)および結合組織に見られる主要な構造タンパク質の1つです。コラーゲン分子内の特定のペプチド配列は、細胞の結合受容体として働き、安定した細胞接着、成長、生物学的シグナル伝達、および組織形態形成を促進します。
ページ上部へ戻る