CELLINK Aシリーズ(Cellink)

Aシリーズのバイオインクは、研究で高い再現性を実現するために、高品質のアルギン酸塩を原材料にしています。 アルギン酸塩は、褐藻の細胞壁から分離された、FDA認証の天然由来の多糖類です。 汎用性があるため、食品からドラッグデリバリーの研究に至るまで多くのアプリケーションで使用されています。
アルギン酸塩は生体適合性を持ち使いやすいことから、骨や軟骨などの組織工学アプリケーションで有用な材料となっています。アルギン酸塩は、ほとんどすべてのペプチド配列を修飾できるため、ユーザーは細胞の分化と組織形成を誘導する細胞特異的な生体材料を作製することができます。CELLINK® A-RGDバイオインクは、この特性を生かすように設計されています。

CELLINK® A

CELLINK® Aは、バイオプリンティングと鋳造の両方に適した粘性のあるアルギン酸ハイドロゲルです。単独で使用する他に、別のハイドロゲルと混ぜ合わせることで、カルシウムによるイオン架橋可能なブレンドインクを作製することもできます。

CELLINK® A-RGD

CELLINK® A-RGDは、RGD(アルギニン-グリシン–アスパラギン酸)ペプチドと共有結合したアルギン酸ハイドロゲルです。 RGDは細胞への接着性を改善し、ほぼすべての組織工学のアプリケーションに使用できます。 このRGD配列は、骨や血管の移植などへの表面移植にも使用され、体内組織への適合を促進する効果があります。

ページ上部へ戻る