freeslate jr. 低分子プレフォーミュレーションシステム (Unchained Labs)

高分子・低分子医薬品研究および無機・有機合成研究開発におけるコンパクトで使いやすい自動化システム

freeslate juniorはタンパク製剤及び低分子医薬のプレフォーミュレーション検討および評価、またプロセス化学研究における合成研究を自動で実行するコンパクトで使いやすい化システムです。また独自のLEA(Laboratory Execution and Analysis)ソフトウェアでシステムの制御(サードパーティー装置は一部制御)およびデータの統合解析・管理が可能となっています。限られたヒューマンリソースの中でfreeslate juniorは研究者の皆様をルーチンの実験から解放し、プロジェクトのゴールへ向けての加速・効率化の向上を最大限サポートします。


freeslate-jr-logo
低分子プレフォーミュレーションシステム
freeslate Jr. 低分子プレフォーミュレーション学システムは少量のAPI で多形、塩、溶解度のスクリーニングを自動で実行します。本システムで作成された結晶はサードパーティーの機器(XRD, SEM)等で解析されそのデータは独自のLEAソフトトウェアで一元管理され1つの画面で統合の解析が可能です。

(APIの固形形態のスクリーニング)
・結晶多形のスクリーニング
・コクリスタルスクリーニング
・塩スクリーニング
・溶解度評価

カタログおよび資料・情報

 


コンパクトなプラットフォームで数百条件の多形、塩、共結晶、溶解度のスクリーニングを実施

独自のアームとデッキを併用することにより数百条件の処方検討を数日で実施可能です。freeslate jr.とサードパーティー機器で得られたデータはオラクルのデータベースを使用したLEAソフトウェアにより一元で管理され解析についてはそれらデータを一覧表示をして解析の効率を格段に向上させます。

1 溶媒トレイ 5 加熱/冷却/攪拌ステーション(3ポジション)
2 溶媒調整容器設置部 6 加熱/攪拌ステーション(3ポジション)
3 溶媒調整容器設置部(3ポジション) 7 Heated4チップ 溶液ディスペンサー
4 シリンジ洗浄部 8 pHプローブ(オプション)

多条件の結晶作製用の特殊ツールpre_3

結晶化アッセンブリーは数グラムのAPIから96条件の結晶を作製する事ができる独自の製品です。96ウェルフォーマットで底面にセットされたガラスに結晶が作製されます。それらは個々に結晶を取り出して壊すリスクが無いようガラスごとXRD, ラマンへセットでき効率よくハイスループットな解析が可能になっています。

 

 

 


確実に結晶を作製するための機能pre_4

調整されたAPI飽和溶液は加熱可能な溶液ディスペンサーにより、析出することなくフィルトレーションプレートに分注され過熱しながらろ過されます。
ろ過された上澄みの溶液は結晶化アッセンブリーに分注され結晶が作製されます。

 

 

 

 


独自の溶液分注技術process_3

調整されたAPI飽和溶液は加熱可能な溶液ディスペンサーにより、析出することなくフィルトレーションプレートに分注され過熱しながらろ過されます。
ろ過された上澄みの溶液は結晶化アッセンブリーに分注され結晶が作製されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


限られたヒューマンリソースでプロジェクトの短縮と
lea
ワークフローの改善を可能にするトータルシステム
LEAソフトウェアはDOEサポート、装置の制御、さまざまなデータを統合解析できる独自のソフトウェアです。FreeslateとLEAソフトウェアを使用することにより1人の研究者で数百条件の合成実験を数日で実施し、その後の解析についても非常に効率化をすることが可能です。

 

 

 

 


カタログおよび資料・情報
お問い合わせ

カタログ アプリケーションノート
低分子プレフォーミュレーションシステム freeslate jr のカタログ Application Note – Cocrystal screening for API
Application Note – High-throughput polymorph screening of API
Application Note – HT generation of co-crystals with solvent drop grinding
Application Note – Identifying a diastereomeric salt for a challenging chiral resolution

のホームページ

ページ上部へ戻る