, , , , , ,

”コストパフォーマンス”を最大限追求したハイエンドモデル    SPR分子間相互作用解析システム - BI-4500シリーズ 

BI-4500は、独自開発のサンプル送液技術、シンプルで堅牢なオープンアーキテクチャ設計により、「低分子計測(< 100 Da)や高速カイネティクス解析に対応可能な高い計測性能」「セルフメンテナンスによる効率的な装置運用」「コストパフォーマンスの最大化」を実現した、ハイエンドモデルの分子間相互作用解析システムです。
BI-4500シリーズ 分子間相互作用解析システム

カタログおよび資料・情報

BI-4500シリーズの特徴

高度な計測要求に対応可能なSPR計測性能

➤ 100 Da未満の低分子~タンパク質まで、幅広い分子量の分子との相互作用計測が可能な低ノイズ・高感度な計測性能

➤ 最大 5チャンネルでのマルチチャンネル計測

➤ 最速 4ミリ秒/計測の高速計測で高速カイネティクス解析に対応

 

セルフメンテナンスが可能なオープンアーキテクチャ

BI-4500シリーズの装置構造はオープンアーキテクチャを採用しており、マイクロ流路パーツを取り外しての洗浄作業や、マイクロ流路目詰まり時のパーツ交換作業といったメンテナンス作業を使用者自身の手で実施することが可能です。

これにより「原状復帰の大幅な迅速化」「装置管理コストの大幅な低減」を実現しました。

 

フレキシビリティの高いシステム仕様

専用のマイクロ流路パーツに交換することで、一般的なフローインジェクションSPR以外にも幅広いアプリケーションに適用することができます。

電気化学SPR

センサーチップに固定した分子への荷電により生じる構造変化をSPR検出
使用例:シトクローム系タンパク質の酸化ー還元時の構造変化、荷電膜物性の電気化学的評価 など
計測機構・アプリケーションノート(英語)

ガスSPR

アナライトサンプルとしてガスサンプルを流して固相面との相互作用を計測
使用例:半導体センサーのコーティング剤の機能評価 など
計測機構・アプリケーションノート(英語)

BI-4500シリーズ システム仕様

BI-4500AP BI-4500A BI-4500
ベースラインノイズ 0.06 RU RMS (0.01 mDeg RMS)
計測速度 4 msec
計測チャンネル数 5 チャンネル
分子量カットオフ < 100 Da
計測温度設定 6℃ ~ 50℃
解析項目 ka / kd / KD (1 mM – 1 pM)
溶媒補正 対応
自動化範囲 計測チャンネル指定
サンプルインジェクション
サンプル間ミキシング
バッファー切換え (最大6種類)
インライン脱気
計測チャンネル指定
サンプルインジェクション
サンプル間ミキシング
----------
----------
計測チャンネル指定
----------
----------
----------
----------
外形寸法 (w x h x d) ※装置全体 660 x 766 x 515 mm 660 x 575 x 515 mm 355 x 250 x 515 mm
重量 ※装置全体 39.3 kg 32.5 kg 11.5 kg

 

計測事例

➤ ライフサイエンス分野

 タンパク質-低分子化合物間の相互作用  リガンド:BSA、アナライト:フェルラ酸【分子量 194.18】(英文)

 ペプチド-タンパク質間の相互作用  リガンド:ペプチド阻害剤、アナライト:C1Qタンパク質(英文)

 タンパク質-抗体間の相互作用  リガンド:BSA、アナライト:抗BSA抗体(英文)

 タンパク質-多糖類間の相互作用  リガンド:CD-14タンパク質、アナライト:エンドトキシン(英文)

➤ 環境・食品分析

 環境分析:重金属イオンの高感度検出(英文)

 食品分析:牛乳中のメラミンの検出(英文)

カタログおよび資料・情報

お問い合わせ

カタログ テクニカルペーパー
  BI-4500シリーズ データシート(英文)
  SPR分子間相互作用解析システムの計測原理(英文)
  SPRの検出感度・検出限界(英文)
MaxCyteのホームページ
ページ上部へ戻る